クマの原因(青クマ、茶クマ、黒クマ)とは?

クマを消す驚きの改善プログラムがあった!

今すぐご覧下さい。
これがあきらめていた人がクマを克服した改善プログラムです!

クマ 消す方法クマをなかったことにする方法

クマの原因(青クマ、茶クマ、黒クマ)は、実はまぶたの動きにあった!

クマの原因

 

クマの原因を調べてみるといろんな情報があって、混乱するかも知れません。

 

紫外線やしわがクマの原因だと紹介している本やサイトまであります。
私も目の下のクマで悩んでいたので、その情報を信じて実践してみました。

 

でも、一向に改善しませんでした。そこで、本格的にクマの原因を追及したのです。
そしてたどり着いた結論が、「目の眼輪筋の動きが悪い」です。

 

では、実際にクマがある人の目の動きを見てましょう。クマがある人は、下まぶたの動きが
悪いのが特徴です。

 

 

このように、目の眼輪筋が悪いと毛細血管の流れが滞ってしまうのです。
よく脚は第二の心臓と言われますよね?ふくらはぎの筋肉が動くことによって
心臓の働きのようになって、血管内の血液が押し上げられるのです

 

 

もう一つの例を見てみましょう。

 

6歳の女の子です。この子はまぶたの筋肉が充分発達したいないので
完全に目を閉じることができません。目の筋肉の動きが悪いと血流の流れも
悪くなるのです。

 

 

これが理由で、血液が滞ると皮膚の薄い部分が、青く見せて「青クマ」と
なります。さらに血液の赤血球が壊れると「茶クマ」となり、その色素が
沈着することで、「黒クマ」へと発展していくのです。

 

 

でも、中には青クマ、茶クマ、黒クマはそれぞれクマの原因が違うから
対処方法も違うんだと教える方がいますが、それはウソです。

 

 

クマに対する知識がしっかりしていないと専門家でも違うことを
教えてしまうことがあるのです。